新築の楽しみ方について

新築の楽しみ方について

新築の不動産物件の資産価値を守る

不動産の資産価値において、新築の時が最も価値が高くなります。もちろん都心の再開発のあおりを受けるなどをして、地価が急激に高くなるようなことがあれば建物の価値というよりも、土地の価値が高まります。新築で住まいを購入した場合、手放すまでにしだいにその価値が低下し続けるものだという認識を持っておく必要があります。その上でできるだけ丁寧な管理をすることで、なるべく資産価値を損なわないようにし続けなければなりません。

新築物件も年月とともにしだいに劣化していきます。それでも価値を下げないためには、定期的なリフォームをする必要があります。傷んでからするのではなく、少し手前で積極的にすることで、リフォームのコストそのものを抑えることができますし、工事の選択肢を広げることもできます。手を加え続ければ、新築同然で維持を続けることができるので、資産価値の高い状態を保つことができます。場合によっては入居者を募って、資産運用のための物件として活用することもできるでしょう。まだまだ新築物件は中古物件として市場に出るよりも壊されるほうが圧倒的に多いのが現状です。有効に活用できるようにはじめから意識しておくこともたいせつになります。

オススメワード