新築の楽しみ方について

新築の楽しみ方について

新築の壁はどうしますか?

現在新築中の私の内装工事のお話です。やはり消費税の関係もありましたが、これも縁で家を建てることになりました。しかし予算なんてある訳もなく、元家具職人だった事を活かし、内装(壁面)と家具は僕のほうでやることにしました。所謂セルフビルドってヤツです。どうせするなら、漆喰の壁がイイ。ボードにプラスターの下地処理だと時間がかかるため、石膏ボードに直接塗れるものをチョイスする事にしました。当然高いです。しかし時間をセーブと初めての作業なので簡単さで「うまくヌレール」を買いました。

うまくヌレールをそのまま塗ることも出来ますが、やはり石膏ボードのビス穴やボードのジョイント部分は処理しないとカッコ悪いです。たまたまホームセンターにあったのが「タイガーパテ」でした。これは下地も仕上げも出来るパーティー。ちょっと割高な気がしますか、そこは仕方ない、これしかなかったので。固まるのが意外に早いので少し緩めに溶かしました。木の部分は予めマスキングで養生。色々なサイトではビス穴をパテ処理して、乾いたら紙ヤスリで処理しジョイント部分にファイバーテープの流れが圧倒的ですが、時短でマスキング後、ジョイント部分にファイバーテープして、大きめのヘラで一気にビス穴とジョイント部分をパテ処理しました。早いです、作業が!

タイガーパテでの処理を済ませ、一気に紙ヤスリで均す。しかしここも時短。サンダーを使いスピードアップ。あっという間に均し完了。一晩置いて漆喰塗りスタート。うまくヌレールは専用鏝が一番スムーズに出来ます。本来漆喰はやはり二度塗りが良いです、クラックもあるし。一回目の塗りは1ミリほどですれば下地処理と同じになり二度塗りですが、時短。最初からやや厚めに塗りました。中々の出来映えで、鏝ムラもなかなか。しかし予算の関係上うまくヌレールは高いので同じように直接塗ることが出来る「ロイヤル通販」の漆喰を購入。2種類だから色が違ってくるか心配しましたが、全く同じ!これで心置き無く塗れました。完成した漆喰の壁。味わいがある家になりそうです。新築ならなおさら思い入れが強いです。まだ完成までの道のりは遠いですか、こうやって自ら作業して作っていくなんて、とても贅沢な時間を過ごしています。完成が楽しみです。

オススメワード