新築の楽しみ方について

新築の楽しみ方について

新築は2つの駅にまたがる土地に物件を建設しています。

今までと同じことをするのが新築の使命ではありません。新しい常識をつくるのが新築に与えられた課題なのです。そのためにも今までの価値を尊重しつつそれをよりグレードアップさせることが重要なのではないのかと私は感じられるです。アクセスという面から考えてみますとやはり駅から徒歩15分以上は少し遠いようなイメージを抱いてしまうものです。なので業界は物件を建築するときには必ず駅から近い土地を確保していました。

それで徒歩10分以内といったように物件から駅までの距離を比べて私たちはその物件を購入するかどうかという検討をしていました。しかしこれでは当然アクセスの限界を悟ってしまうことになりかねません。無限大の可能性を信じるためにもやはり新しい施策が必要になります。それが2つの駅からのアクセスです。このような企画が生まれることによってたとえ仕事で帰りが遅くなってしまったときでも安心です。ひとつの路線が使えなくなってしまったという状況でもライフラインはもうひとつ残っています。このように移動の幅が広がるだけでも消費者にとっては嬉しいことなのです。

新しい物件にはそれぞれに違った角度からみられるニーズをつくり出していく必要があるのかもしれません。

オススメワード