新築の楽しみ方について

新築の楽しみ方について

建売住宅と注文住宅、新築するならどっち?

一戸建ての新築物件を購入する場合、建売住宅と注文住宅があります。建売住宅とは、ハウスメーカーが作った設計図で建てられており、購入者がその建物を気に入れば購入することができます。注文住宅は、購入者の間取り・内装・外装などの希望をハウスメーカー側が取り入れて家を建てていきます。では両者のメリットは何でしょうか。

建売住宅のメリットは、まず注文住宅よりも安価で購入できることです。二つ目に、無難にまとまった間取り・コーディネイトの住宅が多いことです。特に住宅に対する強いこだわりがなく、住めたらいいという場合には、比較的楽に購入することができるでしょう。逆に注文住宅のメリットは、自分のライフスタイルに合った生活空間を実現できることです。費用や土地面積の問題もあるので一概には言えませんが、建売住宅ではなかなかない間取りや、こだわった内装・外装も対応してくれます。まさにこの世に一軒だけの家を作ることが可能です。住宅に強いこだわりがある場合、注文住宅は魅力的です。

家を新築するというのは、一生に何度もあることではないでしょう。自分がどういう家に住みたいか考えるのも楽しいですし、家に合わせて生活を変えるのも新鮮かもしれません。建売住宅でも注文住宅でもどちらもメリットがあります。自分に合った住宅選びをしてください。

オススメワード